うつけなコラム発信ブログ

UTSUKE-JOURNAL

夜の本気ダンス

夜の本気ダンスの新体制初シングル『Without You / LIBERTY』がやっぱり夜の本気ダンスだった

投稿日:

ギターの町田健人(けんけん)が脱退し、新たに西田一紀を迎え入れた夜の本気ダンス。

ギタリストが変わって夜ダンはどうなっていくのかと思っていたけれど、新体制初のシングル『Without You / LIBERTY』がもうめちゃくちゃ夜ダンだった。

夜の本気ダンス、体制が変わっても看板に偽りなしでした。

スポンサーリンク

Without You


こちらが1曲目の『Without You』

夜ダンにありがちな、青少年の股間への悪影響が懸念されるMV。

曲の頭でドラム、ベース、ギターと順々に入ってきてAメロ入る前にピタッとブレイク。もうここから超かっこいい。

曲のド頭からMAXのテンションでぶっ続けで踊らせてくる曲が多かった夜ダンだけど、この曲はAメロ、Bメロはドラム・ベース中心の音作りで落ち着いた進行からサビで一気に爆発する展開。インタビューでも言ってたけど、少し大人な感じのする曲になってる。「パリピ、社会に出る」そんな曲。いやそんなテーマではないけど。

それで、展開は確かにこれまでの夜ダンっぽくないのだけど、曲の雰囲気はもうなんかめちゃくちゃ夜ダン。

もうなんかうまく言えないけど、「夜ダンっぽい曲教えて」って言われた時に2番目ぐらいに出てきても違和感ない夜ダンっぽさ。歯切れのいいギターリフとか、サビにリズム・響き重視の言葉置いてたり、色んな要素が噛み合って言葉で表現しきれない夜ダンっぽさが濃厚に臭ってる。

ギターが代わって一抹の不安を持ってたファンも少なくないと思うけど、この曲を聴いていい意味で裏切られたと思う。「あれ、夜ダンじゃん」みたいな。

LIBERTY


飲み会の初っ端から酒も飲んでないのにやけにテンション高くて鬱陶しい、でもどこか憎めない奴いるじゃん。飲み会終わってみればずっとそいつのペースだった、そんな奴。夜ダンでいうとドラムの鈴鹿くん多分そんな奴だ。

それで、夜ダンの曲ってまさにそんな感じで、初っ端から「あれ?なんかもう最初からこんなに踊るの?」ってなるんだけど、終わってみたら最後までずっと同じペースで踊ってる、みたいな。夜の本気ダンスっていうかもうずっと本気ダンス。

『LIBERTY』はまさにそんな夜ダンらしさをびっしり詰め込んだ曲だとおもった。ド頭から夜ダン。今までのアルバムを一通り聴いてる人はまったく違和感なく聴けると思う。

ただ、今までと比べてもポップ過ぎるほどにどポップ。曲のド頭で感じた攻撃力からすると、きれいすぎるほどきれいなメロでサビに入って、「おお、これはこれでなんや気持ちいいな!」ってなる。そんな曲だ。YouTubeに今のところMVないので買って聴いて欲しい。

やっぱり夜ダン

メンバーが変わるとバンドカラーがガラッと変わってしまうことも珍しくない邦楽ロックバンド。大学デビュー級のキャラ変を遂げるバンドも珍しくない。

そんな中、まさにこれから一気に頂点まで上り詰める道が拓けてきた夜ダンのギター変更。このまま大きくなっても好きな曲を鳴らしてくれるか不安になったファンも少なくなかったと思う。

でも、ふたを開けてみれば、新体制初の両A面はどっちもまさに夜の本気ダンスだった。僕はもうめちゃくちゃ「あ、ファンでよかった〜〜」ってなった。いままでずっと格好良かった夜ダン。これからもやっぱりかっこいいんじゃん、って。

けんけんファン過激派からすると「これは夜ダンじゃない!」ってなっちゃう人もいるのかもしれないけど、僕はバンド全体として「夜の本気ダンスっぽさ」は1ミリもブレなかったシングルだなーと思う。

おわりに

このシングル『Without You / LIBERTY』だけど、どっちも今までの夜ダンをすこしずつ裏切りつつ、それでも「やっぱり夜の本気ダンス」って建て付けの1枚になってると思う。あれ、違うことしてるのに夜ダンじゃん、っていう。

新しいことを始めれば急進派の懐古ファンにボコボコに叩かれるのも珍しくない邦楽ロック界。

そんな中、体制が変わって、新しいことをやってもやっぱりそこに「夜ダンっぽさ」を持ち込める夜の本気ダンスの適応力。並のバンドじゃないよなあ、とバカみたいに思った。

これからも上り詰めるまで終わらない夜の本気ダンスの快進撃を見守りたい。というか全力でついていきたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-夜の本気ダンス

Copyright© UTSUKE-JOURNAL , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.