うつけなコラム発信ブログ

UTSUKE-JOURNAL

感覚ピエロ

感覚ピエロ、性が乱れてるところはあるけど超かっこいいよ

投稿日:

感覚ピエロが最近おもしろい。

いや、最近ってよりもうずっとおもしろいんだけどさ。

今日は感覚ピエロと日本の性風俗の乱れを考えてみたいと思う。(注:バンドの話だぞ)

スポンサーリンク

感覚ピエロって?

感覚ピエロは、大阪発の4人組インディーズロックバンド。2013年デビュー。

間違いなく、これからの邦楽ロックシーンの中心に食い込んでいくバンドだ。

まずはこの曲を聴いて欲しい。

超硬派な正統派ギターロック。9mm全盛の、出て来るバンドみんな狂っていた2000年代後半を彷彿とさせるガチガチのサウンドだ。

控えめに言って超かっこいい。

で、次がこっち。

あ、あれ??

なんか急にモラルが乱れた?

なんか0:53秒ぐらいで満面の笑みでコンドーム持ってる人でてくるし、ドラムの人なぜか上裸に短パンだし……。

9mmの系譜の男臭いサウンドから繰り出される下半身に悪い歌詞。そんな彼らに敬意を表して、ファンは「感エロ」と呼んでいる。

ちなみに今やってるワンマンツアーのタイトルが『感覚ピエロの三点責め イク×2 東名阪ワンマンツアー』

もう安めのAV。薄暗いAVショップの中古棚で多分みたことあるわこういうAV。

O・P・P・A・I

彼らの出世作を紹介する。僕もこの曲で初めてちゃんと聴いた。名曲なので是非聴いて欲しい。


こんなかっこいいおっぱいないだろ。

あるとしたらケイン・コスギぐらいだろ。まかり間違っても女の子のおっぱいを形容するサウンドじゃねえ。セガールとかスタローンのおっぱいの曲だろこれ。

でもちゃんと歌詞を見ると、

ゆれる、ゆれる
卑猥にゆれる
君のことが離れない
触れたくて壊れそう

おお、ちゃんと女の子のおっぱい。真正面から女の子のおっぱいと向き合ってる。

女の子のおっぱいに夢中な、健全な男の心の声だ。

O O O O O O OPPAI
ホック外して
露わに見せたいね
O O O O O O OPPAIで
いただきます!

あ、おっさんだこれ!

「いただきます!」じゃねえ。場面が一気に薄暗いクラブやホテルからキャバクラになった。キャバクラのおっさんだ。

ちなみにこの曲、ライブでも定番のおっぱい絶叫曲だ。おっぱいって全力で叫んで合法な空間、あんまりない。日頃、ハイリスクな鬱憤を抱えたあなたたちにおすすめだ。全力でおっぱい叫んで来て欲しい。

新曲『ワンナイト・ラヴゲーム』


絵面がもう性風俗の乱れ。

『10/31夜中の渋谷道玄坂のモラル』ってテーマでMV撮ったらこんな感じ。現代日本の憂き側面ですよ。股のゆるみ著しい。

許せん。日本の道徳を取り戻せ。こんな股のゆるみを許していいはずがない。ソフトオンデマンドに入社する愛娘を見る気持ちだ。

くそう…。

くそう!

クソ羨ましいなァおい!

で、悔しいけどこの曲超かっこいいんだ…。目の刺激もあれだけど、シンプルに耳に刺さってきませんか。股間の方に刺さってるのはもう分かってます。

ディストーションゴリゴリのガチガチなロックサウンドに気持ちいい韻律これでもかって詰め込んで遊んだ歌詞。こんなんやられたら素直に頭と腰振って泣きながら聴くしかねえ。かっこいいよなあ。

おわりに

実際、感エロがどんなバンドかはボーカルの横山直弘のTwitterを見てくれれば一発で分かる。明日花キララの話ばっかしてる。

とはいえ、彼らも下半身に悪い曲ばっかりつくってるわけじゃない。

『Japanese-Pop-Music』とか、超邦楽メタ・批評的で、めちゃくちゃラジカルでかっこいい。

めちゃくちゃかっこいいのに、全力でおちゃらけちゃう彼ら。ややピエロよりなエンターテイナーの発想。まさしく「感覚ピエロ」の名前通りのパフォーマンスだと思う。

超かっこいいエロバンド。彼らのライブを見る前の前知識はそれぐらいで十分だろう。彼らの本当の魅力は、ライブで出会って欲しい。

これからの彼らの活躍から目が離せない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-感覚ピエロ

Copyright© UTSUKE-JOURNAL , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.