うつけなコラム発信ブログ

UTSUKE-JOURNAL

星野源

星野源のニューシングル「恋」が傑作である3つの理由

更新日:

星野源の新曲が出た。見事に出た。

で、良い。

ハイスタの新曲より全然アツい。中高時代にメロコアブームどストライクだった身からすれば、教祖ハイスタ様なんだけどさ。なにがアツいかちょっとこれから書いていく。

やや興奮しているので文章が乱れるぞ。ご乱心だよ。

スポンサーリンク

1. Continuesがすごい

1個めからもろカップリングの話だ。ご乱心だぞ。

Youtubeに音源がないのが本当もったいない名曲だ。マリンバごりごり前面に来るイントロから、YELLOW DANCERっぽさを感じた人も多いと思う。個人的には、この曲がYELLOW DANCERの系譜を一番正当に継いで書かれてると思う。

詩はYELLOW DANCERのときの情景・心情描写にとにかく寄ってた傾向からから少しだけ変わった。

星野源の願いの表現に寄っている。星野源にとって重要なテーマ。

命。生きること。生活。
その分界点の不可能性。

YELLOW DANCER以前、ずっと歌われていたテーマだ。YELLOW DANCERの曲作りで、このテーマと接合するのは個人的にすごく胸を熱くさせる一曲だった。

この曲のためにCD買う価値、あるぞ。

2. 恋もめっちゃいい

恋はシンプルに、超ポップ。

ダンスビート早く叩いたらやっぱめっちゃポップなるよね、みたいな。

考えさせる詩もいい。

意味なんか
ないさ暮らしがあるだけ
ただ腹を空かせて
君の元へ帰るんだ

とか

胸の中にあるもの
いつか見えなくなるもの
それは側にいること

とか、上のContinuesでも書いたけど、源くんが今またこういう歌を歌うこと。個人的にめっちゃアツい。

で、めちゃくちゃキャッチー。

間奏のクリーントーンギター、めちゃくちゃかっこいい。無駄に弾けるフリしたい。モテる。明らかなモテ曲。俺もこんな曲書ければギロッポンのクラブにヒーハーなんだけど。

モテたいやつ、恋を覚えよう。なんか胡散臭い人生相談の回答みたいになっちゃった。

とにかく、「恋」 いいぞ。

3. 詩がいい

星野源の曲を星野源っぽくたらしめている最大の要素は詩にあると思っている。

で、今作もどう聴いても星野源。

散文と韻文の気持ちいいバランス感覚

最近の邦楽ロックはとにかく散文に全ツッパなんですよ。

散文ってのは言わば普通の文章。小説とかは散文。リズムとか韻に縛りがない分、より精度の高い言葉で自分の心情を描写できる。

BUMPが小説みたいな歌詞で若者の心をバシッと掴んだあたりから散文詩への極化が一気に進んだ。情景描写心情描写ごりごり詩の中にストレートに書く。まあ分かりやすいし、端的にそっちのが日本人には刺さりやすかったんだ。

星野源もベースは散文詩だ。

でも、星野源は特にサビ、メロディの面で一番刺さるシーンで、リズム重視の韻文的な詩を使う。同じ母音・同じ音数・同じリズム。
散文的にパッと見で意味が分かる記述じゃなくなる。

韻文の気持ちよさをメロディ的に気持ちいいサビに重ねることで、とにかく口ずさんで気持ちいい歌になる。気持ちいい。星野源の歌はもはや孫の手です。孫の手ポップ。

そんでもって、散文でサビ前まで歌われてきて、僕らは曲のストーリーを理解しているから、サビが多少わからない言葉になっても分かったように歌える。口ずさんでめちゃくちゃ気持ちいいんだから、多少分からなくても分かった気で歌える。

この散文と韻文の絶妙な気持ちいいバランスを使いこなせるのが星野源だけ。もう本当に星野源だけ。これが最強に星野源っぽさをつくってる。

唯一無二だ。

"日本"っぽさを演出するボキャブラリー

星野源の、特に韻文っぽい部分で出て来る古めかしい言葉たち。現代生活では使われない言葉たち。昭和っぽい、とか言われる所以に一役勝ってる部分ではある。

民族的なアイデンティティを表現するのって、現代的な生活とかけ離れた所で行われる事が多い。

分かりやすい例でいえば、大河ドラマに感動しているとき、日本人は「おれ日本人だな〜」って感じる。で、感動する。

これは、自分の生活とはかけ離れた様式の中に、少しだけ変わらない部分を見出した方が、よりその部分が際立って、歴史的なアイデンティティを感じるということだ。

ややこしいこと言ったが、「昔の語彙・言い回し」を使うことは、そのまま日本っぽさの演出になるのだ。星野源の歌詞には、昔っぽい言い回しが非常によく出てくる。

たとえばDrinking Danceとかだと、

君のいない 朝露の悔い

声も喉が渇いて 届かない

みたいに、現代生活から離れたちょっと異質な言い回しを挟むことで、僕らは骨の髄まで日本っぽさに共感しながら聴くことができる。

詩は星野源を聴くべき最大の理由

とにかく

  • 口ずさんで気持ちいいこと
  • 日本っぽいこと

この2つが日本人に死ぬほど刺さる。
唯一無二の武器だ。

この星野源っぽさが、僕らを星野源に熱狂させる。他のアーティストがおいそれと真似できる領域はとうに出た。

そして、以前の記事でも書いたが、星野源はパフォーマンスの面でも、日本人にぶっ刺しにくる。「普通の人たち」に歌を届ける方法を肌の髄で知っている。

<参考>
最強の普通。星野源のすごさを大声で言いたい

さいごに

星野源のニューシングル「恋」は本当に全ての曲が非常に高い完成度を叩き出している。普段邦楽ロックばっかり聴いている人ほど聴いてほしい。売れたからって倦厭せず、売れてもすごいことを感じて欲しい。

星野源が、当代の他のアーティストと一歩外れたすごさをやってることが分かるはずだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-星野源

Copyright© UTSUKE-JOURNAL , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.