うつけなコラム発信ブログ

UTSUKE-JOURNAL

藤岡みなみ&ザ・モローンズ

藤岡みなみ&ザ・モローンズを聴くべき3つの理由

更新日:

藤岡みなみ&ザ・モローンズってバンドがあってだな。
とにかくこれから良いぞって話をするから目ん玉じゃばじゃばあらってよく読んでほしい。

<メンバー構成>
藤岡みなみ(Vo,Gt)
ヒロヒロヤ(Key,B)
ネロ(Gt)

スポンサーリンク

1. 藤岡みなみが本当かわいい

PVみてもらえれば分かるけども、このバンド、藤岡みなみというほんと超かわいい女の子と小汚いおじさん2人による3ピースバンドだ。
もちろん褒めている。

まずはこれを観てほしい。

ド頭から藤岡みなみのすごい透明感に股間を撃ち抜かれる。
曲もバンド名や風貌からは想像つかないほどキャッチーで、ひねりの多いメロディに飽きを感じさせない。
舌っ足らずな声がまたいい。

2. おねがい徒歩圏内とかいう超名曲

是非この曲を聴いてほしい。

もうね、むずむずするよね。いろんな部位が。

「Skypeなんてやめて六本木で会おうよ」
言われたい!言いたい!
べつにこっちはSkypeどころかライブチャットでもいいんだぞ!!

岡村靖幸の引用とか、サブカル女子のしょうもない虚栄心をくすぐる素晴らしいセンス。
30後半ぐらいのおじさんの股ぐらにもグッとくる。

曲全体のストーリーもすばらしい。
結婚しようとかはいわないけど、近くに住もうよって曲。
20後半ぐらいの男女はみんな心にどこか刺さる部分がある曲だと思う。

3. ライブもいい

それと、ライブもやっぱり良い。
が、初見の人には入りにくい。
彼らもまた、オタクたちに食い荒らされている。

<参考>
最近の女性ボーカルバンド、オタクに食い荒らされてない?Part1
最近の女性ボーカルバンド、オタクに食い荒らされてない?Part2

はじめてライブを観た人は少なからずギョッとするはずだ。
藤岡みなみが昔サブカル地下アイドルっぽい活動をしていたことも大きいと思うが、会場前方の熱量が邦楽ロックのテンションじゃない。小さめの箱で3マンぐらいのライブをよくやっているのだけど、だいたい他のバンドのファン層を武力制圧してモローンズのライブが終わるまで最前を支配している。
彼らが加齢とともに地蔵化したときは本当に他のバンドに迷惑がかかることになるので、今後の対応を注意して見守りたい。

でも彼らのライブパフォーマンスは素晴らしい。
ギターのネロはオラついたパフォーマンスするし、ヒロヒロヤはキーボードとシンセベース同時演奏するとかいう意味わかんないことやってるし、藤岡みなみはやっぱり超かわいい。
あとサポートドラムの片パッド(人名)がいい人。

彼らの楽しそうな演奏は、こちらも本当に幸せな気持ちになれるし、ライブの充足感はいつもすごい。

パフォーマンス後には、よく本人たちが物販をしてくれる。
人柄が伝わってきて、また絶対来ようという気持ちにさせてくれる。

売れてほしい

今回は、これだけを書きたかった。
彼ら、こういうのもあれだが、全然売れない。
ポテンシャルに対して、売れてなさすぎる。

自主レーベルなのでメジャーレーベルのようなプロモーションが行えないのが一番の要因だとは思う。

で、去年も今年も前半は結構精力的に活動してたんだけど、後半でぐっと活動減ってる。
体力が一年持たない。
息切れしている。
やっぱり活動量にムラがあるので、勢いが出づらいし、売りきれない。

でも、どっかのライブでフルアルバム出すぞみたいなこと言ってたので今年はもしかしたら作ってるのかもしれない。
個人的には、是非はやくフルアルバムをリリースしてほしいと思う。これまで3枚のミニアルバムをだしていて、どれも高水準にまとまってるのだけど、やっぱりミニアルバムって人に紹介しにくい。
今までの3枚まとめただけのBESTでいいから是非作って欲しいなあ。

公式サイトでだいたいの音源視聴できるので、気になった人は是非チェックしてほしい。

http://373.morones.info

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-藤岡みなみ&ザ・モローンズ

Copyright© UTSUKE-JOURNAL , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.