うつけなコラム発信ブログ

UTSUKE-JOURNAL

でんぱ組.inc

邦楽ロックファンにこそおすすめするでんぱ組.inc

更新日:

でんぱ組.incを知っているだろうか。ここ数年来っぱなしの超アイドル。

邦楽ロックファンの中には、「アイドル」と聞くと忌々しげに顔をしかめる人も少なくないと思う。

「ギターの音歪んでないとかありえへん!」「は?なにキーボードとか叩いてんねん」そんな過激派メタル原理主義者たちに、いつもツバを吐きかけられる存在。それがアイドルだ。

普通の邦楽ロックファンにも、やはりアイドルは敬遠されがちだ。このサイトでも何度も言ってるが、「邦楽ロックを応援する私はイケてる」けど、「アイドルを応援する私はイケてない」からだ。

「アイドルとか聴いてんの?だっせえ!」
「アイドルの音楽は音楽じゃない」

邦楽ロックファンからは、しばしばこんな声が聴かれる。

そして根拠もなければ中身もない、「ぼくが考えた最強のアイドル死ね論」が展開される。世界で1番価値のない不毛な時間だ。アフリカじゃ1分間に60秒が過ぎてるんだぞ。時間を大事にしろ。

今日はそんな不毛な議論に終止符を打ちたい。

アイドルが大嫌いな邦楽ロックファンの皆さん、安心してください。いまでんぱ組を応援するの、最高にクールです。

今日は、でんぱ組.incを邦楽ロックファンにこそおすすめする理由を紹介する。

スポンサーリンク

1. ターゲットが邦楽ロックファンとほぼ同じ

まずは、でんぱ組.incがターゲットとしている層のことを話す。

初期こそターゲットとしていたのは純粋なアキバ系オタクだったが、現在の主なターゲットはと言うと、

  • ライブとか大好き民
  • 身につけるグッズとか大好き民
  • アニメとか観るしオタク文化に寛容な、自称「分かるサブカル」。要はクソサブカル

ここらへんになる。

そう、君たちのことだ!

今、でんぱ組のターゲットファン層は、限りなく邦楽ロックファンと一致している。

つまり、邦楽ロックファンが応援して一番楽しいアイドルになっている。

ちなみに、でんぱ組の基本コンセプトとして、「オタクだけど成り上がってリア充たちを見返してやるぜ!」というコンセプトがある。

↓が、そんなでんぱ組のコンセプトを歌った歌だ。

で、文字通り、でんぱ組は成り上がった。

そして、成り上がる過程で当初の純オタクファン達はどんどん蹴落とされていった。新感覚アイドルだな。

初期に純オタク達が作り上げた「オタ芸」や「サイリウム」といったライブ文化だが、今はリア充・クソサブカルがぶんぶん振り回す地獄のようなライブになっている。

ありがとうオタク達。初期オタクたちの名誉ある屍骸を忘れてはいけない。(サイリウム振りながら)

2. 曲が邦楽ロックファン向き

でんぱ組の楽曲、めちゃくちゃ陣営が豪華。

例えば、Wiennersの玉屋2060%や、清竜人、ゆずの北川・ヒャダインが楽曲提供していたりする。

邦楽ロックファンなら眉がピクリとなる陣営だと思う。

Wiennersでガチガチに打ち込みまくった超硬派なサウンドを鳴らしている玉屋2060%。そんな玉屋がでんぱ組の代表曲を作りまくってる。

Wienners参考。

超かっこいい。次、でんぱ組.inc玉屋。

どうした玉屋。

名義貸して別人が書いてんじゃないかって勢いの弾けぶり。

でも、超いい。(真顔)

やっぱいい曲作るやつはロックだろうがアイドル歌謡曲だろうがいい曲作る。

ちなみにWiennersの新曲が↓。

めちゃくちゃでんぱの作曲で培ったノウハウ持ち帰って超かっこいい曲作ってる。こういうプラスのフィードバックを見ると、邦楽ロックとアイドルはガンガンコラボすればいいと思う。

清竜人も、『Dear☆Stageへようこそ♡』とか『間もなくでんぱ組.incが離陸いたします♡』とか頭のネジを15本ぐらいぶっこ抜いた曲を作ってる。曲の途中でメンバーに「ハァハァハァハァ」言わせたりしてる。完全な悪ノリ。

でもいい曲だからアルバム借りて聴いてみてほしい!

清竜人については、知らない人は以下を参考してほしい。

清竜人25がただただ天才的という話

他にもオザケンの『強い気持ち、強い愛』をカバーしてたり。クソサブカル達への釣り餌だ。見事に釣り上げてる。

ここまでみて、邦楽ロックファンにとっても、十分聴く価値があると分かってもらえたと思う。

3.顔面がちょうどいい

邦楽ロックファン、イケメンすぎると敬遠する問題。

イケメンすぎるバンドを聴いていると、「顔がいいから応援してる」と捉えられてしまうことを恐れ、逆にファンが遠のく問題のことだ。このサイトでも何度も取り上げてきた。

邦楽ロックファンは、顔が良すぎるバンドを一歩引いてみる傾向がある。逆に、顔がちょうどいいバンドは、突き抜けるまでファンの支持を得る。

ゲスの極み、KANA-BOON、セカオワ…。 な!!

でんぱ組.inc、そんな君たちのファン心理をよくわかった顔面をしております。

みてくれ。

・夢眠ねむ(緑)
nemu2

・古川未鈴(赤)
mirin

・成瀬瑛美(黄)
eitaso3

・藤咲彩音(青)
pinky

ね!!!!

ちょうどいい。

でんぱ組は、邦楽ロックファンの繊細なファン心理、「顔が良すぎない方がいい」に対してど真ん中ストレートで来てくれている。変化球なし。もうド直球でちょうどいい球だ。

でんぱ組なら「顔だけが好きで応援してるんじゃないし!!」と声を大にして言えるぞ!!

まあ、皆ご存知の最上もが(紫)、相沢梨紗(白)とかはアイドル然として可愛いけどな!!

まとめ


でんぱ組.inc、本当に応援して楽しいアイドルです。

ファン層も曲も顔も、邦楽ロックファンにこそ聴いてほしい条件が揃ってることが分かってもらえたと思う。

Summer Sonic、ROCK IN JAPAN、COUNT DOWN JAPAN、イナズマロックフェス等々、色んなロックフェス呼ばれてるので是非覗いて見て欲しい。絶対に楽しい。

今年のCOUNT DOWN JAPAN 2016/2017にも出るよ。僕も見る。君も一緒に見よう!あん?Bentham観るって!?あ、うん…。

ちなみに僕は緑赤推しです。

関連記事:COUNT DOWN JAPAN 2016/2017 初心者向けおすすめバンドまとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-でんぱ組.inc
-

Copyright© UTSUKE-JOURNAL , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.