うつけなコラム発信ブログ

UTSUKE-JOURNAL

コラム

就活に疲れた時に聴きたい!元気が出るおすすめ曲5選!

更新日:

こんにちは、本谷です。

3月より、今年も就職活動がスタートしたみたいですね。大学3年生のみなさん、お疲れ様です。

就活、辛いですよね。僕も超辛かった。朝から何社も説明会にまわり、スケジュールの合間にエントリーシートをつくる。筆記試験やWEBテストを突破して、やっとの思いでこぎ着けた面接では来る日も来る日も人格否定の毎日。

ぼく「私は○○が強みであり、〜〜」

人事「君のそれ、ほんとに強みなの?うちにとって何の役に立つの?」

ぼく「は?お前はなんの役に立ってんの?(はい!御社の○○という仕事における調整で活かせると考えています!)」

就活ではこんな地獄のやり取りが1日に5回とか発生する。毎年何十万って人間がこの地獄をくぐり抜けてるのによく人事の身に何も起きてないなと思う。日本では人事の身の安全を保障しなくても良いので、辛くなったら襲撃していいぞ。人事2〜3人襲われないと圧迫面接やめねえだろあいつら。目には目を。圧迫には暴力で物理的に制圧しよう。

話が逸れた。

そんなわけで、就活に疲れた皆さん。今日はそんなリクルートスーツを纏った疲れし子羊たちに元気を出してもらえる曲を5曲紹介しようと思う。

スポンサーリンク

Czecho No Republic『Festival』


まずはこちら、なにやってもハッピーなチェコから『Festival』。タカハシマイちゃんの透明感がえげつないMV。誰かこれ明度とか彩度とかそういうパラメータ弄ってんじゃないか。

曲自体は非常にハッピーで楽しい気持ちにさせてくれる仕上がり。僕は就活じゃなくて新入社員時代に死んだ目で聴いてた。目は死んでたけど物理的に死なないでいられたのはこの曲のおかげ。きっと就活生にとっても、このハッピーさは力になることと思う。

WANIMA『THANX』


続いて、行き過ぎた元気枠WANIMA。元気製薬の元気剤みたいな、WANIMAの『THANX』を挙げたい。

就活みたいな耳障りの良いウソを並べ立てるイベントに従事していると、逆にWANIMAみたいなド直球の綺麗事がすっと頭に入ってくる。

だいぶ重傷 いや大丈夫!? 大丈夫じゃないけど大丈夫!!
疲れました もう無理膝抱え泣いた 弱音吐いて 何とか生きてる
あなたよ どうか幸せになれ

この元気力。僕はこういうの、小学校の校庭にタイムカプセルと一緒に埋め立ててきたので非常に参考になる。嫌がおうにも元気出る系のお薬。WANIMAはもはや元気業界の覚せい剤よ。まあ覚せい剤も元気業界の覚せい剤だけども。

就活でピュアな元気をどこかに置き忘れてきてしまったあなたにとっても、きっと参考になるはず。

BRADIO『スパイシーマドンナ』


これはちょっと外して、就活から離れて下半身のことを思いやろうという選曲。BRADIOの鉄板フェス曲、『スパイシーマドンナ』。

就活を経験して大人になりかかっても、やっぱり男の子はみんな常にボンキュッボンで遊びたい。

マンハッタンで イカせたい
君のベガス 溢れるフィーバー
オーガズム(絶頂)の Fanfare! Fanfare! アッパレ!

なにより、このアホなボキャブラリーが最高。「アメリカの地名使えばなんかアホでハッピーで下品な感じになる」っていう天才的な発明を讃えたい。「君のベガス溢れるフィーバー」とかほんと1ミリも中身入ってなくて最高。

俺もカリフォルニアで俺のウィスコンシンをネブラスカして欲しい。俺のウェストバージニアをミシシッピーして欲しい。

SAKANAMON『TSUMANNE』


就活をブッこ○す、そういう強い気持ちに立ち帰れる名曲。是非、就活の椅子取りゲームに疲れたときに一度聴いて欲しい。

SAKANAMONの藤森元生は、うまいことレールに乗れず人間味あふれる人生を歩みがちな陰キャラの気持ちを代弁させれば天下一の才能を持ってる。

詞も曲も明らかに一段キレ味の違う才能あるのになぜか売れ切らないSAKANAMON。元気が出るから聴いて欲しいというか、ボーカルの元生が最近元気抑えめだから聴いて欲しい一曲。

andymori『クラブナイト』


最後は僕の大好きなandymoriからこの曲『クラブナイト』。天才、小山田壮平(Vo,G)の才能ほとばしる名曲。

就活とか人生とか、そういう大きなこと考える時には、それとはかけ離れた逃げ場があることをよく理解しておくのが重要だと思う。それは人によって、友達の輪だったり、趣味の集まりだったり、クラブだったりするんだろう。そうやってバランスを取りながらみんなやり過ごしていることを。

andymoriの曲は、安易な幸せやポジティブは歌わないけど、どこまでも僕らにとって現実的な生を歌ってくれる。

クラブナイトへおいでよ
赤いライトに照らされた
大人になって 大人の顔をしている
君のありのままの笑顔を見せてよ
それだけでいいよ 今夜はまだ眠れない気分

何週間も漂って 心は疲れ果てて
でも弱音は吐けない もう少しだけ頑張らなくちゃ
光と闇が君の前に見えたら 光を目指そう
君の好きなレコードをかけるよ

気に入ったらぜひ他の曲も聴いて欲しい。『ハッピーエンド』、『16』なんかが最高に薄暗くて前向きでおすすめ。就活に疲れたときに聴くと妙な元気が出るリスクもあるけど、まあ元気がないよりは健全だと思う。

おわりに

いかがだったでしょうか。多少は元気が出たなら幸い。就活は本当に精神すり減らされるイベントなのでこれらの曲でうまく乗り切って欲しい。

ただひとつ注意がある。就活のときに繰り返し聴いた曲は、就活が終わったときにちょっと聴けなくなるリスクがある。僕は就活期に繰り返し聴いた曲がいまだにちょっと苦手。

思うに、「辛い時期の思い出が連想される」だとか「「ウソをつきまくっていた自分が思い起こされる」らへんが原因。気に入った曲は、用法・用量に注意して聴いて欲しい。

では、皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-コラム

Copyright© UTSUKE-JOURNAL , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.