うつけなコラム発信ブログ

UTSUKE-JOURNAL

コラム フェス

ROCK IN JAPAN ’16 絶対観るべきだったアーティストベスト20組

更新日:

僕はいわゆるロキノン厨なので、毎年8月に茨城県ひたちなか市で行われるROCK IN JAPANに全日行っている。ここ5年ぐらい行っている。

バカロキノン厨。
バカなので毎年夏に同じイベントに総額10万ぐらい吹き飛ばしてる。
学ばない。
毎年よだれ垂らしながら10万投げつけてロッキンいってる。

CDJ4日券もロッキンの会場で買ってる。
もうロッキン・オンさんの完全な上客。
エグゼクティブクライアント。

スポンサーリンク

今年絶対観るべきだったアーティスト

そんなわけで、今更。
今年のロッキンで観るべきだったアーティストベスト20を発表する。

あれだ。
お願いランキングの今日の占い的なあれだ。

もちろん自分で観た中から選んでいる。
「絶対こっちの方が良かったよ!」とか言われても知らない。
俺は観てないんだから観るべきじゃなかった。
絶対君主制。
俺が法だ!

はじめに

[aside type="warning"] ※あくまで個人的な思い出ランキングになるので、バンドの優劣をつけるものではありません。 [/aside]

では改めて。

今回のランキング基本的に、僕がどれだけ気持ちよかったか、が判断基準です。
一応以下の基準で振り返って内々に点数付けはしてたりします。

[aside type="boader"]
●曲のよさ
→いい曲か、いいセットリストか
(*)「曲」表記

●演奏のかっこよさ
→かっこいい演奏、アガるアレンジ、かっこいいパフォーマンス
(*)「演奏」表記

●盛り上げ/MCの内容
→ライブの盛り上げの上手さ、MCの面白さ
(*)「盛上」表記

●見た目のよさ
→かっこいい/かわいい、おもしろい
(*)「見た目」表記
[/aside]

ざっくり↑のイメージでつけてます。

実際は10点満点で評価しましたが、今回は★の数で記載します。
以下のイメージでみてほしい。
★の数同じだけど順位違うのは、実際は10段階ゆえのズレと思ってください。

[aside type="boader"]
★☆☆☆☆ → いまいち
★★☆☆☆ → 普通
★★★☆☆ → 良い
★★★★☆ → めちゃくちゃ良い
★★★★★ → 最高
[/aside]

あと、例年観る人よりは初めて観た人のほうがボーナスあります。同じレベルのことやってても、新しく舞台に立った人の方が衝撃度が大きいのは当然なので。

観たアーティスト一覧

1日目(8/6)

10-FEET
ストレイテナー
BIGMAMA
夜の本気ダンス
go!go!vanillas
キュウソネコカミ
星野源
計:7組

常磐道で2件の事故渋滞に巻き込まれて初っ端の10-FEETは遅刻。
事故を起こした奴らは末代まで肛門の脇にでかい痔ができる呪いを掛けといたから、来年からは改心して事故るまい。
安心してほしい。

2日目(8/7)

9mm Parbellum Bullet
sumika
THE BACK HORN
四星球
エレファントカシマシ
いきものがかり
フレデリック
Czecho No Republic
DJやついいちろう
計:9組

3日目(8/13)

ドラマチックアラスカ
BRADIO
クリープハイプ
KREVA
The Mirraz
でんぱ組.inc
Bentham
フジファブリック
モーモールルギャバン
KEYTALK
計:10組

4日目(8/14)

きゃりーぱみゅぱみゅ
岡崎体育
THE BAWDIES
Silent Siren
パスピエ
WANIMA
サンボマスター
ASIAN KUNG-FU GENERATION
計:8組

合計34組。

全部しっかりとは観てない人も含んでるけどまあこんなもんだろう。

よーし、まずは第20位からいくぞ!

第20位 フジファブリック

さすがのフジファブリック。
もう毎年安定して良い。
ラストの虹→若者のすべて、の流れは鳥肌モノだった。

曲  → ★★★☆☆
演奏 → ★★★☆☆
盛上 → ★★☆☆☆
見た目→ ★★☆☆☆

第19位 フレデリック

2015年は間違いなく彼らの年だったが、今年も衰えることのない勢いを感じた。
オドループとかオワラセナイトとか鉄板曲はもちろん、新曲のオンリーワンダーもかなり盛り上がった。個人的にはここで初めて聴いたリリリピートがめちゃくちゃ良かった。

曲  → ★★★★☆
演奏 → ★★★☆☆
盛上 → ★★☆☆☆
見た目→ ★★☆☆☆

第18位 BRADIO

生で観るのは初だったが、非常にかっこよかった。
今のシーンでファンク一本で突っ走る男気よ。かっこいい。
観たことない人は是非生で観てほしいバンドの一つ。

曲  → ★★★☆☆
演奏 → ★★★☆☆
盛上 → ★★★☆☆
見た目→ ★★☆☆☆

第17位 キュウソネコカミ

もはやどうやっても楽しい。
ビビった、ファントムバイブレーション、DQN、鉄板曲で毎回ホームランを打てるのが彼らの強さだ。
個人的には、最後に何も無い休日をやったのが非常にアツかった。

曲  → ★★★☆☆
演奏 → ★★☆☆☆
盛上 → ★★★★★
見た目→ ★★☆☆☆

第16位 KEYTALK

もう女だらけだった。
KEYTALK出てきた瞬間、女たちの股ぐらから一気に湿度上がった。
悔しいけどおれもびしょびしょだった。(発汗で)
鉄板曲はやっぱり楽しいんだこいつら。くそう。

曲  → ★★☆☆☆
演奏 → ★★☆☆☆
盛上 → ★★★☆☆
見た目→ ★★★★☆

第15位 WANIMA

Superflyのキャンセルにより急遽GRASSへ躍り出たWANIMA。
圧巻の初GRASSだった。
なんかGRASS全部でウェーブやってた。
あとドラムが長渕剛版の「トリセツ」歌いだしたのが最高だった。
もちろん演奏もよく、新曲のシンガロングは鳥肌立つ勢い。満点の初GRASSだった。

曲  → ★★☆☆☆
演奏 → ★★★☆☆
盛上 → ★★★★☆
見た目→ ★★☆☆☆

第14位 四星球

初めて知って、観た。
コミックバンドに全力投球の色物枠その1だ。ライブ中に観客席で謎の運動会が開催された。説明できないので、気になる人は観に行って欲しい。
初ロッキンということもあって全力で爪痕を残しにきてたが、あの日WING TETにいた人皆の心には大きな爪痕が残っただろう。

曲  → ★★☆☆☆
演奏 → ★☆☆☆☆
盛上 → ★★★★★
見た目→ ★★★☆☆

第13位 KREVA

もうね、かっこいい。
衣装は完全に楳図かずおだったけど。世界一かっこいい楳図かずおだよ。
『基準』は完全に鳥肌。会場中が粟立つのを感じた。
毎年あの手この手で楽しませてくれるけど、今年はとにかくカッコ良さに振り切れてたと思う。またみる。

曲  → ★★☆☆☆
演奏 → ★★☆☆☆
盛上 → ★★★★☆
見た目→ ★★★★☆

第12位 岡崎体育

色物枠その2。
初ロッキンにしてPARK STAGE埋めてた。
MUSIC VIDEOが先行して有名になった彼だが、Explainがとにかく名曲で最高のステージだった。
あと「なに世界観入って歌ってんねん、岡崎世界観かお前」ってアナウンスあってクソ笑った。今後どう跳ねるか目が離せない。

曲  → ★★☆☆☆
演奏 → ★★☆☆☆
盛上 → ★★★★★
見た目→ ★★★☆☆

第11位 モーモールルギャバン

今年もやっぱり最高だった。
やっぱり毎年どっかで一回は全力でパンティー叫ばないと年を越せない。本気のリハからアンコールのユキちゃんまで本当にずっとおもしろカッコ良かった。

曲  → ★★★☆☆
演奏 → ★★★☆☆
盛上 → ★★★★☆
見た目→ ★★☆☆☆

いよいよこっからベスト10だ。
いくぜーー。

第10位 クリープハイプ

超かっこいい。
GRASSもおなじみになってきた彼らだが、今年もやっぱりかっこよかった。尾崎の機嫌も悪くなさそうだった。
やっぱ「セッ○スしよう」って何万人と絶叫するのってすごいよ。毎年これだけのために来ても後悔しない。
あと新曲、よかったぞ。

曲  → ★★★☆☆
演奏 → ★★★★☆
盛上 → ★★★☆☆
見た目→ ★★☆☆☆

第9位 sumika

初ロッキンらしいが、圧巻のステージだった。
死ぬほどキャッチーな曲、高レベルでまとまった演奏。そこらじゅうの女がヒスってやばかったが、彼らの魅力は十二分にアピールされたライブだったと思う。
MCで「絶対あっち(GRASS)連れていくぞ」的なこと言ってたが、やりかねんと思う。

曲  → ★★★☆☆
演奏 → ★★★☆☆
盛上 → ★★★☆☆
見た目→ ★★★☆☆

第8位 Bentham

こちらも初ロッキン勢。とにかくすごかった。かっこよすぎる。WING TENTは入場規制がかけられた。これから1年ぐらいで彼らがシーンの中心に躍り出る可能性は十二分に感じた。
曲のかっこよさはとにかくYouTubeで一発で分かるので、あとはライブでどう火がつくか次第だと思う。

曲  → ★★★★☆
演奏 → ★★★★☆
盛上 → ★★☆☆☆
見た目→ ★★☆☆☆

第7位 DJやついいちろう

BUMP観ないでやつい観た。
アホだろう。
おう。
やついもそう言ってた。
でも毎度毎度やる粉雪のくだりとかホント楽しいから何度でも行っちゃう。毎度毎度とにかく楽しい曲ひたすらかけるから、観るものない人はやつい行った方がいいぞ。
BUMPやってても行くやつが少なくとも4500人ぐらいいた。

曲  → ★★★★☆
演奏 → ★★☆☆☆
盛上 → ★★★★★
見た目→ ★☆☆☆☆

第6位 ASIAN KUNG-FU GENERATION

さすがの一言。
大トリに恥じぬ最強のパフォーマンス。
神セトリだった。
やっぱ、ここ10年なんだかんだ邦楽ロックシーンはアジカンが回してたんだな、って妙な納得感あふれるステージだった。
MCでゴッチが「俺らが初めて出たときとか『アジカンはロックじゃねえ』とか本気で言われてたんだぜ。ウケるよね。」みたいなこと言ってた。
ウケる。
日本のロックを10年引っ張れるバンド。
そんなロックなバンド、これから何組現れるんだろう?
とにかく鳥肌モノのステージだった。

曲  → ★★★★☆
演奏 → ★★★★☆
盛上 → ★★★☆☆
見た目→ ★★☆☆☆

第5位 夜の本気ダンス

今年はBUZZ STAGE→PARK STAGEに飛び級。
フレデリックと並んで2015-2016のシーンの中心を牽引しているバンドだ。今の勢いは正直フレデリックより一枚上手だと思う。
彼らの最強の武器はライブだ。
とにかく気持ちいい。
GRASSで6万人踊らせる彼らを想像しても違和感ない。
去年の冬にCDJで観たときと比べてスケールの違いに愕然とした。彼らはこれから更に行くところまで行くだろう。

曲  → ★★★★☆
演奏 → ★★★★☆
盛上 → ★★★☆☆
見た目→ ★★☆☆☆

第4位 サンボマスター

最高だった。
ワンオク観ずにサンボに全力だよこっちは。

サンボは毎度なんかキーワード決めて客に叫ばせるんだけど、今年はオリンピックとかけて「世界新」だった。
「あれ?そんなもんですか?『世界新ぜったい出さない協会』の皆さんですか?」みたいなこと言ってもう皆発狂。めちゃくちゃ楽しい。できっこないをやったライブだった。

「お前らクソみたいな上司、クソみたいな友達、クソみたいな先輩、そういう奴らに我慢して過ごしてんだろ?明日からまたクソみたいな日常だ。今日は思いっきり叫んで帰れよ!」

みたいなこと言ったんだけど、勝手なクソ認定わらった。

曲  → ★★★★☆
演奏 → ★★★★☆
盛上 → ★★★★☆
見た目→ ★★☆☆☆

よーし。いよいよベスト3いくぞーー
しかしなげーな!!!

第3位 星野源

源くんやっぱね。
外せない。
コナンくんみたいな格好ででてきた。
客の盛り上げも流石だったし、とにかく楽しい1時間弱だった。一瞬で終わった。

個人的には、SUN→Week end→時よ、の流れがめちゃくちゃアツかった。で、アンコールでFriendship。
最高。
毎年みたい。

曲  → ★★★★★
演奏 → ★★★☆☆
盛上 → ★★★★☆
見た目→ ★★☆☆☆

第2位 でんぱ組.inc

完全な僕の趣味枠。
異論は認めません。
独裁者の采配だ。
不満のあるやつは来い。
耳殻にサクラあっぱれーしょん100時間流し込んで脳みそどろどろにしてやる。

本当にセトリからパフォーマンスから顔から全部アツかった。
ロックフェスでこんだけオーディエンス全員ノセられるアイドル他にいねーっす。
毎年見てるけど冗談じゃなく毎年パワーアップしてる。このまま色んなフェスを荒らし回って欲しい。

曲  → ★★★☆☆
演奏 → ★★☆☆☆
盛上 → ★★★★☆
見た目→ ★★★★★

いよいよ最後いくぞーー。

第1位 10-FEET

もうね、言葉もない。

遅刻しても最高。

テンフィとかいう最強のライブ芸人(褒め言葉)
死ぬほど楽しいし、死ぬほどかっこいい。
休み時間なしで楽しい。

ただ、遅刻したのでTAKUMAのりゅうちぇるコスはみんな既に違和感ない感じで、ついていくのに時間かかった。
りゅうちぇるでもかっこいい。
とにかく最高のステージだった。

毎年、彼らを観ないで夏が過ぎてしまうのはありえない。
これからもずっと僕たちを熱狂させてくれ。

曲  → ★★★★☆
演奏 → ★★★★★
盛上 → ★★★★★
見た目→ ★★☆☆☆

おわりに

いかがでしたか。
ここに挙がったアーティストは、これから行ったフェスで観ても損をしないと断言できる。観たことないバンドがいた人はこれを機に観てくれたら嬉しい。

死ぬほど長くなったが付き合ってくれた方、ありがとう。
俺もつかれたぞ。
しかし、ロッキンを存分に振り返れてめちゃくちゃ楽しかった。
毎回やろうと思う。

そして同じように読んでくれた人が行ったフェスを一バンドずつ振り返ってもらえれば嬉しい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-コラム, フェス
-

Copyright© UTSUKE-JOURNAL , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.